もりこの難病に負けない妊婦ブログ

難病になって8年。 薬を飲まずにどう健康でい続けるか?モチベーションの上げ方、試した健康法、そして妊婦生活を綴ってます。

難病と薬を飲まずに向き合う方法

こんにちは。もりこです。

 

難病を発症してから約10年。

一度も薬は飲んだ事ありません。

 

今は普通の健康体の人と同じ生活をして、出産育児もしてます。

 

発症してから何をしていたか?

 

先ずは難病になったきっかけを考えました。

 

 

原因があるから病気になる。

 

病気は精神的ストレスも関係する。

 

それを知ってから今までの自分を見つめ直しました。

 

病気を発症した前後はオーストラリアの永住権を申請していて、いつ受理されるか不安な毎日だったと思います。ストレスもかなり溜まっていたでしょう。

 

食生活はスイーツ大好き。小麦粉商品大好き。

自炊はしてましたが、たまに暴飲暴食気味だったので偏った食生活だったと思います。

 

運動はたまにウォーキングはしていました。

 

それに結婚はしていたものの、永住権を持っていないと医療費が高額だった為、妊娠をしないように避妊ピルも飲んでいました。

 

それに鼻炎が酷く小さい頃から強い薬を飲んでました。

 

こういったことが自分の免疫力を弱めて病気を引き起こしたのだと思います。

 

病気中は健康食品系も試しました。

これが良いと言われれば手を出してましたね。

 

でも持論は体の細胞を綺麗にしてストレスを溜めなければ病気は良くなると思い込んでました。

 

発病から半年近くは昼過ぎになると熱が出てだるくて眠くて昼寝をしないと身体が夜まで持ちませんでした。

 

しかし、半年過ぎから一年未満には熱も下がりだるさも消えて夜遊びも出来るようにまで体力が回復したんです。

食欲も戻り、病気中は痩せてた体重も元に戻るように。

 

汚い話ですが、ウンチも病気中は黒っぽかったのですがそれも正常な色に。

 

あんなに毎日がだるかったのが嘘のようでした。

 

一年を過ぎ病院でCT検査をしたら炎症していた部分がなくなっていて、血液検査も全て正常に戻っていました。

 

先生はビックリ!

健康食品やお水を変えたり色んなことをしたからかなと聞いたらそんなことで病気は治らないと否定的でした。

 

しかし、発症時に狭窄した鎖骨下動脈はそのままの状態だったので、先生曰く薬を飲んでいたらこの狭窄はならなかったかもしれないから一概に飲まなくて良かったとは言えないと言われました。

それでも病気は再燃する事があるのでまた一年後に検査に来てくださいと言われました。

 

私が思うに病気を発症すると大概の人は薬を飲むと思います。

ましてや難病。

原因が分からないと言われると医者に頼りきりになると思います。

薬を飲まずに改善される症例が先生は持ってなかったのでしょう。

 

自分の身体は誰よりも自分が知っています。

 

難病に限らず色んな病気も必ず原因があるのです。

 

風邪をひいたならあの時薄着で出かけてずっと寒かったからかな?とか、疲れが取れないまま無理をしたからかな?とか自分の過去を少し振り返ると思い当たる原因があります。

 

それを見直して寒さで風邪をひいたなら、暖かい飲み物やお風呂に入ってゆっくりするとか自分なりの対処法があります。

 

最近は何かいつもと違ったら医者に頼る人が多いと思います。

 

医者は患者を見て5秒で病名を決めると言うのを聞きました。

患者の生活スタイルを探ってまで病気の原因を探る先生なんていないのです。

 

そんな先生に全てを委ねて言われた薬を飲んだり塗ったりするのって怖くないですか?

 

難病になった事で自分を見つめ直すきっかけを神様がくれたと思って今を生きてます。