もりこの難病に負けない妊婦ブログ

難病になって8年。 薬を飲まずにどう健康でい続けるか?モチベーションの上げ方、試した健康法、そして妊婦生活を綴ってます。

子供を連れて温泉へ

こんにちは。もりこです。

 

先日誕生日だったので、家族で城崎温泉に行きました。

城崎温泉兵庫県の北側。

11月からは松葉ガニが解禁となるのですが、この時期は紅ガニ(香住ガニ)が食べれます。

 

2年前には香住に行って香住ガニを食べたのですが、とても美味しかったので今回も香住ガニが食べれるコースを選びました。

 

城崎温泉は外湯めぐりが有名です。旅館にも温泉はついてるのですが、浴衣を着て湯めぐりするのか普通です。

 

f:id:jumping2the4:20171005231316j:image

 

7つの湯があり

 

さとの湯 ふれあいの湯

一の湯  合格祈願、家内安全、開運招福の湯

御所の湯  良縁成就、美人の湯、下伏防災

まんだら湯  商売繁盛、五穀豊穣、一生一願

地蔵湯  家内安全、水子供養

鴻の湯  夫婦円満、不老長寿、幸せを呼ぶ湯

柳湯  子授かり、安産

 

といった感じでお風呂の意味があります。

 

f:id:jumping2the4:20171005231251j:image

 

定休日もあり、私は、鴻の湯、地蔵湯、一の湯2回に入りました。

 

子供がいたため、一の湯の家族風呂にも入りました。こちらは40分貸切で3000円。

 

基本旅館に泊まるとお風呂の入り放題チケットをもらいます。

そこにバーコードがついているので、お風呂に入る際にバーコードでエントリーして入ります。

 

温泉はお風呂やさんによって温度が違く、地蔵湯が1番熱かったです。

 

みなさん1日で何とか全部のお風呂に入ろうと必死になってます笑

 

ゆっくり温泉に浸かりたいのですが、他の温泉も気になるため、そそくさ出ていく方々が多かったです。

 

城崎温泉は3回目なのですが、今回は外国人の方が多かった。

年々、温泉は海外で有名になってるので、日本に来たら温泉旅行に来る人が増えています。

 

色んなところで外国語を耳にしました。

 

そして、旅館で働いている方に中国人の方もいました。

きっとお客さんで中国人の方が多いので対応するにはスタッフも常勤していないと問題が起こるからかなと思いました。

 

夜はお待ちかねのカニ料理

 

f:id:jumping2the4:20171005231353j:image

 

思う存分食べました。

 

お風呂は7時から23時まで営業してるので、遅くまで外にも人がたくさん。

 

夜ご飯食べた後や、朝ごはん食べた後も入れちゃうのが良かったです。

 

子供はまだ小さいので何回もお風呂には入れないので、夫婦で代わり番こでお風呂に行けて楽しめました。

 

行きも帰りも特急列車に乗り

 

f:id:jumping2the4:20171005231646j:image

 

子供には少し長い3時間の旅となりましたが、空いていた為、歩かしたり散歩したりして何とか機嫌よく乗っててくれて助かりました。

 

まだ一歳なので温泉は楽しめるか不安でしたが、貸切または、お部屋にお風呂がついてるタイプなら楽しめました。

 

ただ、ご飯が低いテーブルで食べるので

邪魔をされ代わり番こで食べざるおえない状態だったのが残念でした。